【PR】

冷凍ホタテをそのまま焼くのはNG?うまみを逃さない調理法をご紹介!

食べ物
スポンサーリンク

冷凍ホタテは、スーパーや通販でもよく売っているので買い求めやすくなりました。

一袋に多く入っているものもあり、冷凍庫にスットックして重宝します。

使い時に必要分使いやすいうえ、実はお料理のバリエーションも多いので便利です。

そんな冷凍ホタテをよりおいしく食べたいですよね。

でも、生ホタテに比べ味が劣る心配と解凍する手間が気になりますね。

しかし実は解凍方法を少し工夫することで手間が軽くなり、おいしさを損なわず冷凍ホタテを楽しむことができるのです。

冷凍のまま調理するのはもったないことなんです!

解凍方法やおいしい食べ方を紹介しますので、ぜひ冷凍ホタテをたっぷり楽しんでください。

今回はこちらの内容をまとめました。

  • 冷凍ホタテをそのまま焼くよりおすすめな調理法がある!?
  • 冷凍ホタテをすぐに解凍する方法
  • 冷凍ホタテの旨みを逃さない食べ方

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

冷凍ホタテをそのまま焼くよりおすすめな調理法がある!?

冷凍ホタテはそのまま焼くと旨みが損なわれます。

食感にも影響します。

旨みも水分も抜けてしまうからです。

せっかくのホタテが少しもったいないですね。

そのまま焼くより一度解凍するか、もしくは半解凍して調理することをおすすめします

解凍方法も工夫すると良いです。

よりおいしくする解凍方法は後ほどご紹介しますね!

もちろん焼いて食べてもおいしいのですが、おすすめは生の食べ方です。

「生食用」であるかを確認し、解凍しお刺身やカルパッチョにして楽しましょう。

さらに解凍をしっかり行えば、炒めたり、揚げたり、煮てもいずれもおいしさがアップします。

調理もバリエーションは拡がります。

ぜひそのまま焼くことはやめて、おいしく食べてくださいね

冷凍ホタテをすぐに解凍する方法

冷凍ホタテを短時間で解凍したいのであれば、流水解凍です。

ポリ袋に入れそのまま流水を当てて解凍します。

少しずつの流水で効果がありますよ。

水に直接浸すやり方も短時間で解凍できます。

そのとき水には3%ほどの塩を混ぜると良いでしょう。

塩水によって水っぽくなりにくく、旨みを保つことができます。

時間は約15〜30分が目安です。

より美味しく解凍したのであれば、低めの温度で解凍すると良いです。

冷凍ホタテは水揚げされ急速冷凍し流通していることが多いからです。

少し時間はかかりますが、おすすめは氷と塩を使った方法です。

氷をボールに入れ塩を全体にまぶし、冷凍ホタテをそのまま入れてしまいます。

ホタテの表面が氷に囲まれるように入れたら、ラップを掛けます。

そのまま3〜5時間ほど常温のまま置いて解凍していきます。

時間はかかりますが、氷が溶けながらホタテは水に浸り解凍されます。

まぶした塩のおかげで低温効果で水っぽくならず、旨みを保つことができます。

塩で水っぽくならないのは、「浸透圧」という働きがよるからです。

塩気は残りませんのでお刺身で食感も楽しめ、おすすめの解凍方法です。

冷凍ホタテの旨みを逃さない食べ方

冷凍ホタテの旨みを逃さない食べ方は、調理に合わせ調整しますす。

お刺身のほか、冷凍ホタテの調理方法は多くあります。

焼く、炒める、揚げるときは半解凍の状態で調理します。

焼きものは、塩コショウ焼やバター醤油焼です。

シンプルな味付けでホタテの味と食感を楽しめます。

炒めものは、中華味で炒めるとおいしいです。

オイスターソースなどを使い味付けすると良いでしょう。

揚げものは、フライや天ぷらです。

ホタテのプリプリ感が引き立ちます。

これらはホタテを半解凍の状態から調理すると、生焼けにならず、旨みを保つことができます。

半解凍は冷蔵庫で解凍すると良いです。

煮込む場合は凍ったまま調理します。

鍋の具材として使うときなどです。

ホタテの旨みもそのままだし汁に溶け込み、いっそう味わいが深まります。

冷凍ホタテをそのまま焼くのはNG?うまみを逃さない調理法をご紹介!

冷凍ホタテをそのまま焼くことは旨みや食感が損なわれるのもったいないです。

解凍するのは確かに手間ですね。

短時間で解凍したいのであれば、ポリ袋に入れ流水解凍するか塩水に浸すと良いでしょう。

塩水を使うと水ぽっくなりにくく旨みも保たれます。

冷凍ホタテの多くは急速冷凍されているので、低温で解凍することがおすすめです。

時間は掛かってしまいますが、おいしさを保ち解凍できます。

やり方は氷をボールに入れ塩をまぶし、冷凍ホタテをそのまま入れます。

個々のホタテ表面が氷に触れるようにして、ラップを掛けて常温に置いておきます。

途中、氷が溶け始め水に浸ったようになりますが、約3〜5時間放置です。

取り出してキッチンペーパーで水気を取りましょう。

塩気も残らず、旨みと食感そのままの状態で食べることができます。

浸透圧の働きで水っぽさも感じません。

刺身にして食べることができるので、ぜひ試してくださいね!

食べ物
スポンサーリンク
rinblo

コメント

advanced-floating-content-close-btn
タイトルとURLをコピーしました