【PR】

ジップロックは湯煎すると溶ける?有害ってホント?やり方と注意点を紹介

ジップロックは湯煎すると溶ける? 暮らし
スポンサーリンク

キッチンにジップロックありますか?

パチパチとチャックできるジップロックはすっかりお馴染みのキッチングッズとなりましたね。

袋の封を開け閉めが楽にできるので食品保存にもとても便利です。

お湯の熱で調理する湯煎にも、チャックでしっかり封できるので袋にお湯が入る心配なく使えます。

湯煎調理を紹介するレシピでもジップロックを使っているのを見かけます。

しっかり封ができる安心感と、ちょうど良い大きさのサイズが揃っている使い勝手の良さで選ばれているようです。

でもジップロックは湯煎に本当に使用しても大丈夫なの?と心配もありますね。

熱でジップロックが溶けたりしないの?

有害物質が出ないの?

そこでジップロックを湯煎調理に使用できるのか調べました。

ほんとうに大丈夫なのか、その真相を解説します。

今回はこちらの内容をまとめました。

  • ジップロックは湯煎すると溶ける?有害?その真相とジップロックの種類について解説
  • ジップロックで湯煎する場合のやり方と注意点
  • ジップロックでの冷凍保存と解凍のおすすめな方法

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ジップロックは湯煎すると溶ける?有害?その真相とジップロックの種類について解説

もともと「ジップロック」はアメリカ企業の商標で、日本では旭化成ホームプロダクツという企業が販売権を得て販売しています。

ジップロックブランド商品としては、バック(チャック付き袋製品)とコンテナ(容器製品)があります。

湯煎調理に用いられる製品はチャック付き袋が多いと思いますので、ジップロックのバックについて解説します。

ジップロックバッグの材質はポリエチレンで、耐熱温度は約100℃です。

耐熱温度はあくまで100℃程度で、絶対値ではありませんので気をつけてくださいね。

湯煎は加熱した水の熱を利用し調理する方法ですので、沸点である100℃までのお湯に浸っているだけあれば数値上はポリエチレンが溶けることはありません。

湯煎すると有害物質が溶け出るのではないか?という心配も要りません。

ポリエチレンは炭素と水素の化合物ですので、有害な物質が溶け出てくるようなことはありませんので安心してください。

仮にポリエチレンの破片を食べてしまうようなことがあっても、体内で吸収されるものではなくいずれそのまま排出されてしまいますので、その点も安心してくださいね。

解説してきたジップロックバックにはいくつかの種類があります。

  • フリーザーバッグ(厚手のチャック付き袋 厚み0.06mm)
  •  耐熱温度100℃
  • ストックバッグ(フリーザーバッグより薄めのチャック付き袋 厚み0.04mm)
  •  耐熱温度100℃
  • イージージッパー(スライド式ジッパー袋)
  •  耐熱温度約80℃
  • お手軽バッグ(小物に適したチャック付き袋 厚み0.03mm)
  •  湯煎使用しないと注意書きされています。 

イージージッパーは耐熱温度が低いので注意してください。

お手軽バックは厚みも薄く湯煎使用はできません。

そもそもジップロックバッグを湯煎調理に使用するには注意が必要です。

実はメーカーも湯煎使用の際はユーザーに取り扱いを注意してもらう必要があるので、ジップロックを湯煎に使用することはおすすめしていないのです。

どういうことか解説しますね。

ジップロックで湯煎する場合のやり方と注意点

ジップロックで湯煎する場合、十分注意が必要です。

火をかけたまま湯煎すると鍋のなべ肌は高熱になっていることがあります。

高温の鍋肌にジップロックが触れてしまったたら危険です。

高熱で材質が溶けしまい穴があいてしまいます。

鍋で湯煎する場合は火をかけたままではなくコンロの火を消すか、コンロから鍋を下ろすかしてください。

そうすることでなべ肌の温度がしだいに下がりだします。

なべ肌の温度が耐熱温度より十分に下がったこと確認してから湯煎するようにしてくだい。

もちろんお湯がなかに入ってしまわないように、チャックはしっかり閉じて行ってくださいね。

ジップロックでの冷凍保存と解凍のおすすめな方法

食品の冷凍保存では鮮度が保持が大事ですね。

ラップで包み食品をできるだけ空気に触れさせ無いことで酸化を防げます。

さらにジップロックに入れることは酸化防止に有効です。

小分けした食品であれば、ジップロックにまとめて入れることで冷凍庫内の整理にも便利です。

ジップロックの表面にマジックペンで書き込むことができるので、内容物や日付を書き込めば冷凍保存管理できます。

ジップロックに入った冷凍品を流水にあてると解凍しやすいです。

少しずつ蛇口から水を垂らし、下に冷凍品を置いて解凍してください。

ジップロックに入っていれば冷蔵庫から取り出しそのまま流水解凍でき便利です。

電子レンジで解凍することは基本おすすめできません。

もし電子レンジでジップロックの冷凍品(水気のみのもの)を解凍する際は、チャックを必ず開封してください。

内容物に油分など含まれるものの場合は、100℃以上に加熱されることがありジップロックが溶けて危険ですのやめましよう。

自然解凍や流水解凍をしてください。

※ドロドロに注意※ジップロックは湯煎すると溶ける?有害ってホント?真相が明らかに...まとめ

ジップロック(チャック付き袋)の耐熱温度は約100℃です。

水の沸点を考えると湯煎で溶けることは心配なさそうです。

ですがジップロックで湯煎するときは十分注意が必要です。

高温になっている湯煎鍋のなべ肌が高温に触れるとジップロックが溶けて危険です。

コンロの上で火をかけたまま湯煎するのではなく火を消すか、もしくはコンロから鍋を下ろして鍋が耐熱温度より十分に下がってから湯煎してください。

有害物質の心配はありませんので安心してくだい。

暮らし
スポンサーリンク
rinblo

コメント

advanced-floating-content-close-btn
タイトルとURLをコピーしました